スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>続き・・更に詳しく最新芸能ニュース

『メイちゃんの執事』出演、新人女優たちのキャスティングの理由

メイちゃん、いろんな人が出てるからおもしろいよねー。
これから売れる女優さんがたくさんいるのかなぁ~!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000009-oric-ent
>>続き・・更に詳しく最新芸能ニュース
ドラマ『メイちゃんの執事』(フジ系)は、執事役のイケメン俳優とともに、個性的なお嬢様たちを演じるフレッシュな女優たちにも注目が集まっている。現在発売中のニュースター&オーディション情報月刊誌『デ☆ビュー』では、『メイちゃんの執事』に出演中するフレッシュな女優たちの「キャスティングの理由」を、インタビューとプロデューサーの証言を元に研究。同時に、1月クールのドラマ出演者が所属するプロダクションの「ドラマヒロインオーディション」を特集している。

山田多美を演じる谷村美月は、シリアスな演技に定評がある若手実力派だが、今回の役では違ったアプローチを試みているという。
「今まで静かな役をやっていたときは、台本を読み込んで役の心境や背景をじっくり考えたり、いろんなことを考えて芝居をすることが多かったんです。でも、今回はそんなの関係なく、瞬間的なひらめきで本番に入っちゃう。これは私にとっての新たな挑戦ですね」

 彼女の起用について同作品のプロデューサーは、「底なしに明るい印象とともに、いろいろな表情を持っている。人をひきつける女の子という印象でした。今回は二面性のある難しいキャラクターをこなし。さらにオリジナル要素を膨らませてくれる力があるだろうと、みんなが彼女に期待し、注目していました」と語った。

 そして、ツンデレな部分のあるお嬢様・華山リカ役を演じる大政絢は、
「原作のコミックを読んだのですが、リカが思ったことをなかなか言葉にできないというところが自分と似ているなぁって思いました。好きなのに好きって言えないとか……。リカはその反動で逆のことを言ったりやったりしてしまうんですよ。私はそういうときに言えないままだけど、少し気持ちが分かるんです」

 大政の起用の大きなポイントとなったのは、その「眼の力」。
「彼女の第一印象は眼力(めぢから)。意志の強そうなまっすぐな瞳にまず吸い込まれました。“気高さ”と“可憐さ”を両方持ち合わせていて、そこが“プライドは高いけど愛されるお嬢様”像にピッタリだと思って起用しました。整った顔立ちでありながら、コメディなどの思い切った演技も飄々とこなすところがステキです」(番組プロデューサー)

 彼女たちのほか、3人の女優のインタビューやドラマプロデューサーの起用ポイント、そして『メイちゃんの執事』出演中の谷村美月、大政絢、岩佐真悠子らが所属する芸能プロダクション、および1月クールのドラマのヒロインを演じる榮倉奈々、香里奈、仲間由紀恵、広末涼子、仲 里依紗らが所属するプロダクションの『ドラマヒロインオーディション』が、現在発売中の月刊デ☆ビュー4月号、ケータイサイト『デビューしようよ』に掲載されている。
スポンサーサイト

Trackback

http://toypooka.blog98.fc2.com/tb.php/313-33e7ab3e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索


メニュー

RSSフィード

月別アーカイブ

免責事項

当サイトで紹介している(TB・コメント含)や画像等のご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。尚ブログ内の掲載画像は代理店の承認を得たアフィリエイト広告です。万が一、記事、画像、リンク等、不適切なものがあれば早急に対処しますので恐れ入りますがご連絡をお願い致します。

ブロとも申請フォーム

リンク

ネットショップ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。